×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  かにの渡辺»  松葉ガニ



 
     
 

 山陰の冬を代表する味覚『松葉がに


松葉蟹とはずわいがにの雄のことです。

甲羅の幅が10cm以上のしっかりしたかにに成長するには
10年程度かかります。

だからこそ松葉がには大変貴重な海の幸なのです。

境港の松葉ガニをぜひご賞味ください。


その淡白で、上品な甘さ、そして繊細な味わい、
かにみそのこくのあるまろやかさ、
まさに日本海の冬を代表する味です。

境港で水揚げされる物の中より、身入り等しっかりとした物を、
お送りいたします。


松葉がにのメスのことを『
親がに』とよびます。

地方により、背子がに(せこがに)、コッペがになどとも
呼ばれます。腹に外子、甲羅の中に内子を抱えています。

外子、内子ともに珍味として大変に人気があります。

又、山陰では冬場の味噌汁といえば親がにと言われるくらいに
美味いです。
親がには、漁期が年内いっぱいまでとなりますので
お早目のご注文をお願いいたします。


 

商品一覧

並び順: